TOP PAGE

長江重和作品・ベネチアHomo Faber出品

長江重和作品・ベネチアHomo Faber出品

長江重和作品・ベネチアHomo Faber出品

2022年4月10日から5月1日の間、イタリア・ヴェネチアで開催された現代の職人技を紹介する文化イベント「Homo Faber (ホモ・ファーベル)」へ長江重和さんの6作品が招待を受け、現地の展覧会へ出品されました。

 

Homo Faberは、スイスのジュネーヴを拠点に持つ非営利団体のミケランジェロ財団が運営するイベントで、様々な素材、技術、スキルを、ライブデモンストレーション、没入型のデジタル体験、想像力に富んだ手作り作品の展示を通じて紹介しています。

2018年の開催以降、第2回目となった今年は日本がメインテーマでMOA美術館・箱根美術館館長の内田篤呉氏やデザイナーの深澤直人氏がキュレーションした日本人間国宝の作品や川内倫子氏の作品が、ヴェネチアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島にある16世紀に建てられた旧修道院にて展示されました。

長江さんは日本を代表して選出された作家の一人で、計6点の作品が、会期中会場にて展示されました。長江さん、おめでとうございます!

 

 

 

Share On Share On

NEXT