TOP PAGE

杉谷恵造

「玄交 II」杉谷恵造 陶展

2018 6/7(Thu) - 6/16(Sat)

日、月曜日休廊 午前11 時~午後6 時 / 最終日は午後4 時まで
作家在廊日: 6 月7 日(木)~ 6 月9 日(土)

A LIGHT HOUSE CALLED KANATA A LIGHT HOUSE CALLED KANATA

玄交 II - KEIZO SUGITANI

奇跡は待つものではない。起こすものである。酉福のメンバーには常日頃話している言葉ではあるが、こんなにも奇跡が起こるものかと、いささか不思議な気持ちになる。そんな目覚ましい活躍を見せる作家こそ、近年の杉谷恵造さんである。振り返れば2011年、出会った頃の杉谷さんの作風は全くの別物であった。七度酉福を訪れ、七度も選考漏れ。しかし八度目の挑戦で今の作風へと繋がる作品を完成させて以来、私は杉谷信者となった。杉谷作品の稜線の向こう側に見える景色。それは愛しさ、激しさ、優しさや切なさなど、人間の複雑で繊細な感情が杉谷さんの手から溢れ、一つ一つの作品に注がれている。人と人が寄り添う姿、そして体と体が絡み、両者が一つになる姿、すなわち生命そのものの物語を、交差する二つの影で描く杉谷さん。奇跡は偶発的なものではない。人の手により生まれ来るものである。人と人が出会い、交差すること。日常に溢れる奇跡も、やがて次の世代への「軌跡」となる。

酉福 青山和平

Exhibited ArtistsExhibited Artists

View All Artists

ChatChat

チャットツールでもお問い合わせ可能です。
NEXT