TOP PAGE

RINN by Joseph Walsh 2018

2018 11/10(Sat) - 11/27(Tue)

月~土曜日(日曜閉館)午前10時~午後5時30分
会場:草月会館
107-8505 東京都港区赤坂7-2-21 草月プラザ1F

A LIGHT HOUSE CALLED KANATA A LIGHT HOUSE CALLED KANATA

RINN by Joseph Walsh
2018

日本とアイルランドの国交樹立60周年を記念し、酉福はアイルランド大使館と共同でアイルランド人作家ジョセフ・ウォルシュ(Joseph Walsh)の日本デビューを、東京・赤坂にある草月会館にて開催する運びとなりました。ジョセフ氏は木材の自然美を存分に活かし、彫刻と家具の狭間を往来する美しいシルエットの作品で世界的な評価を博しております。草月会館が誇るイサム・ノグチ作のアトリウム「天国」の石上に、ジョセフの独創的な世界観をご堪能いただければ幸いです。

つきましては、下記の通りにジョセフと共にささやかなオープニングレセプションを開催する予定でおります。ご多忙のところ恐縮ではございますが、是非ともご来臨賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

酉福 青山 和平

創造という旅路の終点こそ展覧会である。しか し、この展覧会は時の流れの中に佇む一点の瞬 間に過ぎない。「RINN」と名付けたこの個展は、 旅の始まりでもあり、旅の終わりでもある。私 の作品作りの進化を捉え、過去と今をも現す。 そして何よりも、私と日本との対話、酉福と草 月流との対話、そしてこの経験を経て、まだ見 ぬ未来の作品への道しるべにもなるのだ。

「Rinn」はゲーリック語で「場所」や「地点」 を意味する。地名としてよく目にするこの言葉 は、詩的な表現にも使われ、文章の中で大切な 箇所を強調し、その次にくる言葉をより優しく、 柔らかくする働きもある。そして、何よりも文 章のなかで対話性や協調性をもたらすのだ。そ のため、「Rinn」と名付けられたこの展示は私 と特定の「地点」との関係性、アイルランドと 日本との対話、酉福や草月との対話、そして今 回の会場となる草月会館のイサム・ノグチのア トリウム「天国」との対話を現す。「RINN」とは、旅の途中で訪れる場所や地点、 自分にとって大切なもの。そしてそれは一歩ず つ、未来へと繋がってゆく。

– ジョセフ・ウォルシュ (青山和平 訳)

Exhibited ArtistsExhibited Artists

View All Artists

ChatChat

チャットツールでもお問い合わせ可能です。
NEXT