TOP PAGE

OPENING CEREMONY

2020 10/3(Sat) - 11/3(Tue)

会場:A Lighthouse called Kanata

日、月曜日休廊 午前11 時~午後6 時

A LIGHT HOUSE CALLED KANATA A LIGHT HOUSE CALLED KANATA

酉福からア・ライトハウス・カナタへ

「たとえ薔薇はどんな名前で呼ばれども、変わらず甘く香る。」
ロミオとジュリエット 
ウィリアム・シェイクスピア

名前なんて意味もない。実体こそが大切である。

私は幼少期より自分の「過去」には興味がなく、「今」も過去の内に含まれ、常にまだ見ぬ「未来」ばかり、夢みてきた。アー
トフェアの最中でさえ、目の前の景色よりも、次のフェアの景色ばかり想像してしまう。過去の輝かしい実績も、素
敵な思い出も、不思議と忘れてしまう。しかし、失敗や悔しい思いは忘れない。なかなか満足しない性格なため、ど
うしても前に進みたがるのだ。だから人一倍せっかちであり、人一倍、先へ急ごうとする。

思えば、酉福創立の1993 年は癸酉。故に酉福という一風変わった名前を、ある占い師が付けた。あれから27 年とい
う月日が流れ、店主も代わり、作家も変わり、そして扱う作品も様変わりした。主な取引先は海外の美術館、また外
国のコレクターとなった。しかし、変わらないものもあった。それはギャラリーの場所、そして酉福という名前。

世界が見る酉福の表舞台での姿と国内の姿に大きな乖離が生じた今。過去の姿のままでは、次のステージに上がれな
い。変わるのが目的ではない。移転も改名も、あくまで手段である。

なにせ、まだ見ぬ景色がたくさんあって、作家さんと交わした約束も未だ果たせていない。悔しい気持ちになり、不
甲斐なさに苛まれる。

そのため、大切な作品を託してくれる作家さんの信頼に報いるためにも、お客さまの飽くなきご期待に応え続けるた
めにも、そして私たち自身のまだ見ぬ夢を実現するためにも、移転と改名は、もはや避けては通れない必然と化した
のである。

A Lighthouse called Kanata.
カナタという名の灯台。
いささか珍しい名前に聴こえるかもしれない。

ただ、灯台という象徴こそ、今の私たちが大切に思う理念を現している。

その理由の一つに、「一隅を照らす」ことこそ、ギャラリーの根底にある務めではないだろうか。酉福は、埋もれた
存在に光を当て、新たな価値を創造し、遠く彼方へその想いを提唱してきたギャラリーである。流行りに走る事なく、
有名無名問わず、男女問わず、年齢問わずに作家を発掘してきた。そして今なお、固定の価値観に捉われず、私たち
が信じる美意識からブレることなく、今日まで邁進してきた。そしてこれからも、この理念を全うしたい。

また、世は「灯台下暗し」である。

故に、私たちの大切な活動として、はるか彼方へ日本美術を広め、海外で認知してもらうだけでなく、作品の販売に
従事してきた。啓蒙だけでは不完全。売る事こそ食べる事、すなわち生きる事である。結果、作家にも作品にも活力
が漲る。そして、世界中に広まった日本の芸術は、やがて日本人の下へ帰し、「逆輸入」という流れで日本国内に広
まることになる。これは日本の美術史そのもの、いや、日本の近現代史を現している事象である。

浮世絵、若冲、具体美術、もの派や草間弥生など、日本人は自分の近くに佇む美に気付かない習性が予てよりある。
しかし、諸外国、特に西洋に肯定された途端に、あたかも当たり前のようにその美を讃え始めるのだ。これは皮肉で
もなんでもない。ただただ、今の日本人の現実を映している。灯台下暗しだからこそ、私たちは広い世界に向けて活
動し続ける責務がある。

そして何よりも、この混沌とした世を照らす「希望」を広めたいと願う。

日々流れるニュースに心が折れそうになる。コロナに貧困に戦争だ。ましてや、現代作家の作品を買う日本人のお客
さまは少なく、海外で活躍したくとも、生活に追われる芸術家にとって、世界を目指すのも困難である。そのため、
真美を追求するどころか、作家は大衆迎合の作品に傾倒し、過去の名作を繰り返し模写し続ける。現状では、挑戦す
ることを恐れるのも当然だ。一寸先は闇である。

しかし、人生は一度きり。チャンスは幾度もない。
時はいま。
次の世代に何を残せるのか。
100 年後、200 年後の日本人のために。
そして世界のために。

闇夜の航海をやさしく照らす灯台のように。
芸術家が夢を託し、お客さまがその夢に包まれ、そして私と社員の夢が叶う場所へ。
導かれるがままに、過去と未来は一つとなり、光はやがて希望と成す。

これより、酉福は灯台となる。
A Lighthouse called Kanata.
夜明は近い。

ア・ライトハウス・カナタ
青山 和平

ChatChat

チャットツールでもお問い合わせ可能です。
NEXT