TOP PAGE

Biography

中田真裕 Mayu
Nakata
Mayu
Nakata

中田真裕
Profile
  • 1982 北海道出身
  • 1989 書を岩村佳尚(札幌)に師事
  • 2003-2008 Contemporary danceを清水フミヒト(東京)・佐藤泰子(札幌)に学ぶ
  • 2005 北海道大学水産学部  卒業
  • 2017 香川県県漆 研究所 修了
  • 2019 日本工芸会正会員 認定
  • 2021 金沢卯辰山工芸工房 修了予定
  • 01 Exhibitions More
  • 02 Awards More
  • 03 Public Collections More

About
the Artist
About
the Artist

2016 年の9 月。香川県庁の文化振興課に招待され、高松の香川県漆芸研究所にてアートレクチャーをすることになった。香川県とは縁もゆかりもない私ではあったが、古くから親交のあるギャラリストの小山登美夫さんのご紹介ということもあり、断る理由も特段なく、無心で高松を訪れた。

講義が順調に進むなか、研修生のなかで一 目立つ方が居た。眼光も質問も鋭く、レクチャーが終わって作品の品評会へと移った途端、なるほど、さすがに別格だな、と感じた。真似事ではない意匠。滲み出るセンスと品格。そして形の美しさは当時の研修生のなかでも、一際「迫真」が伝わるものであった。
才能の片鱗を見抜けるか否や。いや、中田さんの場合、見過ごすことができない。香川県に伝わる「蒟醤(きんま) 」。漆上に彫りを入れ、別の漆色を象嵌する技術は極めて困 な技法ではあるが、実は中田さんの十八番である。あの時高松で出会った研修生が5 年もの年月を経て、ようやくカナタでデビューすることになった。この感動と喜びはひとしおである。